旬のキーワード お小遣い稼ぎ マネー情報 経済豆知識 外貨投資 お小遣いランキング

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケータイのビジネス


2005年、インターネット広告費は2808億円に達しました。
ついにラジオを抜いて、テレビ・新聞・雑誌に続き、
第4位に浮上しました(電通『2005年(平成17年)日本の広告費』より)。

このことは、どんな意味を持つのでしょうか?

これは第5のメディアと呼ばれるインターネットが、メディアとしての価値を認められたということです。
そして、既存のメディアを追い落とすところまでたどり着いた、と言えるでしょう。

一方、2006年6月末現在での携帯電話契約数は、9200万契約を超えました。
さらに総務省の発表によると、携帯電話等の移動端末の利用者数はPCを上回った、
とのことです(総務省発表平成17年『通信利用動向調査の結果』より)。

ケータイは1999年のiモード登場以降、常時30cm以内にある身近なツールになりました。
こういったことが、ケータイの爆発的な普及の理由でしょう。

ケータイを取り巻くビジネスの環境も、新たな時代へと移行しようとしています。

ケータイは文字通り「外に携帯する」という特性があります。
決済機能を持たせた電子マネーとしての利用。
音楽プレーヤー。
デジタルカメラ。
様々な機能をあわせ持った、便利なツールです。

携帯電話は起業家にとっては新しいアイデアを投入するための、
無限大のフィールドであると言えるでしょう。

たしかにケータイビジネスにも、障壁となる多くのデメリットはあります。

たとえば・・・

■キャリア(通信事業者)主導であり、各プラットフォームの仕様が異なる。
■機種依存が激しく、全ての端末で同じ機能を利用することができない。
■小画面であるため、一度に伝えられる情報量に制約がある。

ケータイで新事業を起こす際は、以上のことを念頭に置かなくてはいけません。
ときには逆手に取るような発想の転換が必要となってくるでしょう。 

以上は、参照先の内容を要約したものです。
http://www.dreamgate.gr.jp/fastnavi/mobilebiz/serial/2006072801

小遣い稼ぎ マネー情報の関連記事
スポンサーサイト


小遣い稼ぎのサイト
お小遣い稼ぎ!ネットでお小遣い稼ぎの情報サイト のトップにもどる

小遣い稼ぎサイトのランキングへ

この記事のトラックバックURL

http://seo55.blog60.fc2.com/tb.php/65-61509c98

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。